July 31 Thursday 2014

ベンチから。

NZに帰ってきてから一番感じることは、「寒い!」ってこと。
日本とは季節が逆なので、NZは冬真っ只中。

それはさて置き、帰ってきていきなりの試合はスタメンで出場した。
もう3週間になるけど、スタメンはその試合のみ。。。
内容は悪くはなかったし、1ヶ月のオフ明けだったけど動けた。
しかし、それ以降の試合はベンチスタート。
前々回は15分で、前回は30分。。。
ベンチから試合を観ている時間が長い。
だからといって焦る気持ちもないし、嫌な感じもしない。
監督からは何も言われないが、これもサッカーとして受け止めている。

サッカーだけに限らず、いいことばかりではない。
光と影はあるが、光っている時にも気をつけなければいけない事もある。
影の時はそこから抜け出す道を考えて努力すればいい。
光にも影にも、それぞれ長所と短所がある。
何が言いたいかと聞かれると困るが。。。笑
どりらも努力が必要で、どっちも成長するのには大切な要素。
だから、立ち止まらないで進む!

ベンチスタートがなんだ!
僕は今の状況を楽しんで乗り越える。
そして、成長を続ける。
練習中からアピールはしてるし、仲間と一緒にサッカーしてるのが楽しい!
サッカーも競争社会だけど、それも楽しんでみせる。

次のシーズンもオークランドシティと契約更新できたので、頑張るのみ。
話しをするのも楽しいが、ボールで会話するのもいいもんだ。
新しい仲間と、また新たなスタート!
日本での休暇でリフレッシュしたので、また熱い戦いが待っている。

サッカーはなんて楽しいんだろう!笑

子供たちとの触れ合いもある。
大人になったら、なかなか子供達の輪の中に入ることはない。
サッカーが繋げてくれた出会い。
サッカーはどれほどの可能性を秘めているのだろう?
NZに帰ってきて、イベントなどに参加し、改めて実感した。

これは、冬休みのサッカー教室。
photo 1 (5)

これは、キッズワールドカップ in NZ。
オークランドにある離れた小学校が、集まって各クラスがくじ引きで、それぞれの国を代表する。
形式は、少し前に行われたワールドカップと一緒。
子供達は自分のクラスを応援したりと楽しんでいた。
サッカーは人を感動させ、人々を笑顔にする力がある。
photo 3 (1)

photo 2 (1)

photo 4 (1)

オークランドは虹のシーズンでもある。
日本でも見ることができるのかな?
二重に虹。笑
これも、サッカーが僕に与えてくれたサプライズ。
photo 5 (2)

サッカーが与えてくれた出会いは数えられない。
僕にも支えてくれる人達がいる。
今年もいただきました。笑
一緒のビジョンを共感しています。
photo (32)

でしょ?
ベンチからでも、広がる世界はいっぱいある。
悔しいけど、嫌ではない。
もっと頑張ったら、サッカーがまた僕に素晴らしいプレゼントをしてくれる。笑
無限の可能性に向かって進み続けます。
これからも、僕は光も影も楽しみます。笑